自作RPG「ルナティックラブ」の製作日誌
RPGツクールを使って、自作RPGを作ろうと試みている者の、製作日誌です。
ルナラブ2 新着ニュース

プロフィール

ゴリラーマン

Author:ゴリラーマン
ルナラブ2製作日誌ブログへようこそ。
まぁ、ゆっくり鑑賞していってくれたまへ。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP
初めての一般公開(体験版配布)
仕事中になんだか体がだるくなったセイルですこんばんわ。

体験版配布してます。



ごめんなさい、いきなりすぎましたね。

ルナティックラブ2の体験版(1回目)、無事配布スタートしましたー!!

既に100人近い人がダウンロードされていて、本当に感激です。

感想の中には厳しい指摘もあったりしてますが、全体的に好評で本当によかったです。
厳しい指摘についても、「ああ、おっしゃるとおりだなぁ」というのばかりで、いい教訓となりましたb


某スレにあった、主な感想↓

・丁寧な作りで、面白かった。
・バストアップ画像が全部オリジナルで、すごい!!
・演出の仕方が上手い。
・ウェイトが長く、ちょっとテンポが悪い。
・ゾンビの攻撃がヒップアタック。

などといった感じでした。


とりあえず、アップしている場所のURLを載せます。
プレイしてみたい!!という方は、是非プレイしてみてくださいbというかしてくださいオネガイシマスorz


「RTPを既にダウンロードしている人用」
http://home2.dip.jp/upload100_download.php?no=521


「RTPをまだ持っていない人、もしくはRTPってなんじゃい!?な人用」
http://home2.dip.jp/upload100_download.php?no=565

パスは両方とも「vx」です。


「ゲームの始め方」
1.ダウンロードしたら、それを解凍する。
2.フォルダの中にある、チェスのコマみたいなアイコンをダブルクリックする。
3.ゲームスタート。

注:最初はウィンドウモードでスタートします。フルスクリーンにしたい人は、Alt+Enterを押してください。 また、フォルダの中にある「read me」は必ずお読みください。

感想、質問等はコメントの方にお願いしますb


ではでは、今日はこのへんでノシ





以下、コメントへの返信。

>>ユキト
ハッピーバースデー

>>CLO
耳の位置に関しては、俺もつっこんだb
そんときには既に精魂尽き果ててた感じだったので、「じゃあとりあえずそれでいいや」という
感じに・・・
絵に関してのアドバイス、さんきゅb
スポンサーサイト
TOP
主人公の立ち絵、完成
夜中にブログを更新しているセイルですこんばんわおやすみなさい。


なんかこのキリエって、可愛くないよね。



そんな一言から始まった、主人公の絵の書き直し。

やっとこさ形になりました!!

回復した視力がまた落ちるんじゃないかとばかりに、彼女が頑張ってくれましたよ・・・




てなわけで、新しい主人公の画像はこちら。


1 キリエ普通
↑クリックで拡大


ちなみに、前回がこちら。


1 キリエ驚き
↑クリックで拡大


うん、比べると全然違う。


ゴミ取りのコツもわかってきたと言っているし、なんとか今週中にVol1をアップ出来そう・・・かな・・・?



ではでは、今日はこのへんでノシ
TOP
導入するのに丸一日ほどかかった
暑い日が続き、液体化しそうなセイルですこんばんわ。


さて、久々なブログ更新。

今回はルナラブ2の新しいシステムについてのお話をば。




・・・え?ドラゴンナイト4の話の続きはって?




・・・・・・・・うん、なんつーか・・・・


書くのめんどうになっちゃいましTA☆


ネットで検索すれば(たぶん)話の内容を書いてくれてるサイトもあると思うので、気になる人はそちらをご覧くださいb


んで、新システムの話ですが。


ギルドシステム

というのを導入してみました。



どういったものかというと・・・

超わかりやすくいうと、

アークザラッドⅡのアレです。


・・・え?アークザラッドを知らない?


仕方ない、ならばギルドシステムについて簡単に説明しましょう。



「ギルド」という特定の場所で、様々な依頼を受けることが出来ます。
この依頼をこなすことで、お金やアイテムを手に入れることが出来ます。
中にはここでしか手に入らないアイテムも・・・!?



といったものです。
ちなみに、↓が依頼を受けるときの画面。

ギルド画面
↑クリックで拡大



といった感じです。
これはオレンジさんという人が作ってくれたスクリプトなのですが、
自分なりにそれを色々改造し、一応形になってくれました。
(利用規則により、二次配布は禁止となっています。)
オレンジさん、本当にありがとー!!


ただ、このスクリプトを導入するに至って、泣く泣く諦めることになったスクリプトが一つ・・・orz

色々な人が作ってくださっているスクリプトを導入してるわけだから、競合が起きてしまうのは仕方ないことだけどね。



では、今日はこのへんでノシ







・・・そういや今日、俺の誕生日じゃん。
ワーイワーイ







以下、コメントへの返信。



>>ホイレン
アップするの、ちょいと延期になりそうorz
その分中身が充実したものでアップするから、待っててくれーい!!


>>CLO
なんというか、全てにおいて中途半端なテイルズだった感じ。
モンスター育成も、ストーリーも、戦闘も。

・・・ちなみにデスクトップバトン(だっけ?)だけど、
あまりにも汚くて見せれないZE☆
TOP
戦闘画面に、名前でなくて顔を表示させてみた。
暑すぎてもうダレまくりなセイルですこんばんわ。

もうね、何もする気力が沸きません。

でもやらなきゃいかんことは、ちゃんとやらないとNE☆



さて、今日は久しぶりにツクールのお話。


・・・え?ドラゴンナイト4の話の続きはって?



・・・次、次の記事で書きます!


さて、では今回はタイトルの通り「戦闘画面に、名前でなくて顔を表示させてみた」のお話。


今までの記事を見てもらったらわかるように、戦闘中のステータス画面には、名前が表示されていました。

それを今回は、自力でスクリプトとにらめっこして、なんとか実装することに成功しました!!


・・・まぁ、0からスクリプトを組める人にとってみれば、大したことじゃないんでしょうけどもorz




とりあえず、戦闘画面はこうなりました。



顔表示
↑クリックで拡大



かっこよくなったでしょう!!??


とあるサイトには、顔全部が表示されるスクリプトがあったのですが、それだと前作と似たような
画面構成になってしまうと思いまして・・・


まぁ、とりあえずこれでまた一歩、俺のイメージしてる戦闘画面に近づいたわけですよ!


さ、今週中にでもルナラブ2Vol1をアップする予定なので、是非楽しみにしていてください。


それでは、今日はこのへんでノシ




TOP
お腹が超痛い(今現在)
最近、カキ氷を作ることにハマっているセイルですこんばんわ。

いやー、暑い日が続きますね。というかむしろ、熱いの方が合ってるような気がするくらい、暑いですね。

さて、今回は前回の記事で書いたドラゴンナイト4のストーリーの続きでも、書いていこうかと思います。


え?別に知りたくもないって?いいんです、こういうのって自己満足みたいなもんですから。




えーっと、どこまで書いたんだっけ。



そうそう、カケルセイルエトの3人が、東の方で悪いことをしているルシフォンを倒すべく、旅立ったというところまででしたね。


3人は旅の途中、色々な人と出会い、そして仲間を増やしていきます。

その途中、カケルの幼馴染であるナターシャも、仲間に加わります。
本人曰く、

「魔道師としての修行の旅をしていただけで、カケルのことが心配で追いかけてきたわけじゃないんだからね!」


なにこのツンデレ


そしてもう一人、仲間の中で重要なキーを握っている人がいました。

それは、マルレーネというエルフ族の女性でした。



エルフ族の村が襲撃され、そのときの生き残りだという彼女。

カケルやセイルは、「一緒にルシフォンを倒そう!!」とマルレーネを歓迎していましたが、
エトだけは何故か、少し様子が変でした。


そして旅は続き、仲間もどんどん増え、親睦も深まってゆき、順調に目的地に進んでいるカケル達。

だけどカケルの心の中で、一つモヤモヤした感情が芽生えてきていました。


それは、エトナターシャの関係のこと。

旅の途中、エトとナターシャが二人きりでお話をしているのを、
カケルは何度も見かけてきてしまったのです。

挙句の果てには、エトの目の前でナターシャがになっているところまで、カケルは目撃してしまっていました。

ナターシャはカケルに

「誤解しないでね、カケル・・・」

と言うのですが、そりゃー無理な話ですよね。



カケルの中ではもう、

「エトとナターシャは、両想いなんだ・・・」

ということが出来てしまっていました。


そしてまたマルレーネも、エトに対して複雑な想いを抱いていました。


カケルは

「今はルシフォンを倒すことだけに集中しよう」

と気持ちを切り替え、目の前の敵を倒してゆき、とうとうルシフォンが待ち受けるライムリン大陸へと到着しました。

しかしここで、とある事件が起きてしまいます。


エトとマルレーネが口論を起こしてしまい、マルレーネが行方をくらましてしまうのです。

カケルは「今すぐマルレーネを追いかけよう!!」とエトに言うのですが、エトは

「今は彼女を探している時間なんて、俺達にはない・・・!!大丈夫、お前は必ずまたマルレーネと出逢うことになるから・・・!!

と、少し意味不明なことを言い放ちます。

カケルも「エト、言ってる意味がわからないよ!!」と疑問を素直にぶつけますが、エトは何も答えません。


そしてなんとか、ルシフォンが待ち受ける城にまでたどりついた、カケル達。
かつては人々で賑わっていた城下町も、今はもう無人の廃墟と化していました。

そして結局、マルレーネを見つけることは出来ませんでした。


仲間の数は今では数十人にまで増え、

「今の僕達なら、ルシフォンになんか負けるわけないよね、エト!!」

とカケルはエトに自信たっぷりに言うのですが、エトは「あ、ああ・・・そうだな・・・」

と、少し言葉を濁してしまいます。


そしてとうとう、城内に乗り込むカケル達。

扉一つ向こうから、強大な魔力をカケル達は感じとりました。

「間違いない、この向こうにルシフォンはいる・・・!」と。


カケルや仲間達はやる気満々といった感じなのに、何故かエトだけは扉を開けるのをためらっていた
感じでした。

カケル「何をしてるのさ、エト!!先に僕がルシフォンの様子を見に行ってくるよ!!」

エト「ま、待て!!カケル!!」



扉を開け、そこにはルシフォンが玉座に座っていました。そしてその横には、エトと同じ格好をした騎士が、何人もいました。

カケル「なっ・・・エトがいっぱいいる・・・!?」


しかし考えるのはすぐにやめ、ルシフォンに向かってカケルは言い放ちました。

「僕には頼れる仲間が沢山いる・・・お前なんかに、負けるものか!!」


しかしルシフォンは、不気味にこう答えました。

「カケル君・・・君の頼れる仲間というのは、君の後ろで動けなくなっている者たちのことかな?」


カケルが後ろを振り向くと、エトやセイル、ナターシャをはじめ、仲間全員がかなしばりにあっていました。

セイル「カケルぅ・・・動けないよ・・・!!」

ナターシャ「カケル・・・助けて・・・!!」

エト「カケル・・・私は自分の欲望に勝てなかったのだ・・・!!後のことは・・・任せたぞ・・・!!」


その瞬間地面が裂け、仲間は全員飲み込まれていってしまいました。


かろうじてナターシャの腕をつかむカケル。

しかしナターシャは「ごめんね、カケル・・・」と言い残し、自ら腕を離し、奈落の底に落ちていってしまいました。



今まで苦難を共に乗り越えてきた仲間が、全員目の前で死んでいった。


カケルの心は壊れました。


ルシフォンは

「カケル君、君は今は殺さないでおこう。君には10年間眠り続ける魔法をかけさせてもらった。
 10年後、この地上は魔族が溢れかえる、素晴らしい世界と化している。その世界を見せ、
 絶望を十分に味わわせたあと、君を殺してあげよう・・・それではそのときまで、おやすみカケル君。」

と言い残し、姿を消しました。


カケルはゆっくりと目を閉じ、眠りについてしまいました・・・



戦いに完全敗北をした、カケル達。

この後どうなってしまうのか・・・!?





ちなみにこれPS版だと、仲間達は裂けた地面に落ちるんじゃなくて、


カケル以外の仲間全員石にされて、カケルの目の前で一人ずつ砕かれていくというものでした。もちろんナターシャも。(カケルはかなしばり状態にされ、身動きが取れない)


俺としては、PS版の方が応えましたね・・・




さて、長くなってしまったので、今日はこのへんで('ω')ノシ







以下コメントへの返信。


>>カルバニア
ラスボスは微妙だったよねー、これ。(強さ的に)
しかしこれ、仲間全員を平均的にレベルアップさせていくと、どんどん苦しくなってくるゲームバランスだったなぁ。
この場合だとラスボスも、えらい強さになるし。(ほとんどのメンバーが、一撃死orz)
ナターシャをはじめとする、魔道師隊のレベルを集中的にあげておけば、ほとんどノーダメージでクリアすることも可能だったなぁ。



>>セリス
んー・・・なんというか、今回のヒロインが「最近のアニメ好きの人々」を意識して作られてる感が、ヒシヒシと伝わってきてしまって・・・正直な話、「キモい」の一言だったかも。
(あくまで俺の感想ね。)
ストーリーはともかく、「人間」の仲間は主人公とヒロインしかおらんし。
(前作で登場したメンバーも仲間にはなるが、何故かレベル固定。)
なんつーか、手抜き感バリバリなテイルズだった。
TOP
懐かしいRPGをプレイしてみた
最近体から疲れが取れきれないセイルですこんばんわ。

さて、今日はとあるRPGのことを書いていこうかと思います。
超ネタバレな内容となっているので、ご注意を。(といっても、今更このゲームのネタバレをしたところで、別にどうってことはない気もするが)



皆さんは、ドラゴンナイト4というゲームをご存知でしょうか?

1994年にPC98で発売され、そこからSFC版やらPS版やらと、様々な機種に移植されていった、結構人気の高かったゲームです。

ちなみに言っておくと、これ18禁だったりします。

つまる話、エロゲーなわけです。

といっても、このゲームが評判をよんだのは、そのエロではなく、ストーリーだったわけです。
・・・まぁ、十分エロかったですけども。

このゲーム、1997年にPC-FX版で発売し、それを最後に消えていったわけですが、2007年の6月・・・つまり、丁度約1年前に、WIN版でリメイクされ発売されたわけです。

俺がこのドラゴンナイト4をプレイしたのは、たしか今から10年ほど前。PS版ででした。(プレイステーションなので、もちろんエロは一切無し。キスシーンとかはあったけど。)

それが去年にリメイクされていたことを最近知って、思わずプレイしてしまったわけです。

ちなみに、どんなストーリーなのかというと・・・(かなり省略して書いています。それでも結構長くなったけど)



主人公の名前はヤマト カケル。好奇心が強く、能天気でスケベな10歳(前後だったかな)の少年。幼馴染にナターシャという女の子がいて、よくエッチなちょっかいを出している。
実は二人は両想いなのだが、子供特有の素直になれないがために、こうやってちょっかいを出して気を惹こうとしている。

・・・プレイ中に何度か、俺もこんな時代があったなぁ・・・と感傷に浸ってしまいましたよorz

カケルの父親はヤマト タケルといい、なんかよーわからんが、世界を救った英雄とのこと。
(ドラゴンナイト1~3でのお話らしい。プレイしたことないからよくわかんね)

そんなタケルの元に、一通の手紙が来ました。

「東の方でルシフォンという魔族が出現して好き放題してるから、退治してきて(超省略)」

タケルは決断しました。

「カケル、お前が行ってこい」

好奇心旺盛なカケルは、次の日に早速旅立ちました。

旅立ちの朝、ナターシャから安全祈願のお守り(本人曰く、不幸のお守り)を受け取り、次の街ではタケルの友人であるバーンの息子、セイルを仲間にしました。
(タケルが子供をよこすなら、わしだって息子を使ったるわー!という理由で。)


・・・あ、このセイルという名前、改名とかしてないですよ?
本当にこうだったんです。
それと、自分のセイルという名前は、別にこのゲームからとったわけではないので、あしからず。

ちなみにどういった子かというと、

読書好きの引っ込み思案かつ泣き虫な性格で、本人曰く「知らない人が大嫌い」。息子を冒険の旅へ送り出したタケルへの対抗心を持った父に、街を追い出される形で旅立つことになる。




・・・orz
いや・・・単純に名前が一緒なだけなんですが、なんかこう・・・出来るならもうちょっとかっこいいキャラで、この名前が使われていてほしかったなぁ・・・


カケルとセイル、この二人が更に東へと旅立とうとしたそのとき。突如西の方・・・カケルが旅立ってきた方向の空から、黒い雲が段々と迫ってきていました。

二人が不思議がって西の方角を見ていると、なんと段々と町の人々が石化していってしまっていました。

二人が驚いて呆然としていると、そこにサレットみたいな兜をかぶった騎士が現れ、二人を町の外に引っ張り出します。

騎士の名前はエト

エトはカケルとセイルの二人に、あの黒い雲について話しました。

「あの雲の下にいると、体が石になってしまう。そしてあの雲は、西の方角からどんどん東に進んでいっており、既にここから西にある全ての大陸の人々は、石化してしまっている」

と。

セイルは泣き叫びましたが、カケルは

「お父さんは強いから大丈夫だし、そのルシフォンって奴を倒せば石化は解けるんでしょ?」

と、超ポジティブ思考でした。

そして謎の騎士エトを仲間にし、カケルはルシフォンを倒すべく、西に向かって進み始めるのでした。









・・・よし、疲れたから今日はこのへんで('ω')ノシ
TOP
首が超痛い
またまたまた更新に間が空いてしまいましたセイルですこんばんわ。


あれですね、テイルズオブシンフォニア ラタトスクの騎士

が悪いんです。



・・・ええ、買っちゃいました。そしてクリアしてきました。

プレイ感想としては・・・正直微妙でした。

とりあえず、これからまたRPG製作の方を進めていこうと思います。

あと、少し前の記事で「近々テストプレイ用のをアップする予定」と書きましたが、ちょっと色々あって
遅れそうでありますorz

楽しみにしていた方、まじでゴメンヨ



そしていきなりですが、このRPG製作の協力者をただいま募集しております。

協力者といっても、直接ゲーム製作に携わるというわけではありません。
では、何をするのかというと・・・

ゲーム中で使用する音楽を、探してほしい

といったものです。


ネット上には、オリジナルの曲をmidiで作曲し、無料でダウンロードOKなサイト様が沢山あります。

中にはRPGツクール用として使用OKというサイト様も沢山あり、既に自分で何曲かはダウンロードしてたりしています。

そこで、もしも気が向いてくれたのならば、

「~~というサイトが配布してる音楽が、結構オススメだよー」

とか、

「このオリジナル曲オススメ!!是非使ってくれ!!」


といった感じで、ゲーム中に使用する曲で、何かオススメのサイトor曲そのものがあれば、是非とも教えてほしいといったわけです。

これといったお返しは出来ませんが、協力してくださった方は・・・・・・・うーん・・・・



スタッフロールに名前を出させていただきます



・・・あれ?これある意味晒しのようなものじゃね?



・・・・ご協力、お待ちしております('ω')ノシ






以下、前回の記事へのコメントへの返信


>>エティ
エコとひぐらしがコレボかー・・・2年前なら買ってたかもしれんなぁ・・・
製作の方、頑張るよー!!


>>ラズ
柚は今のところ、RPGには必ず一人はいる「HPと攻撃力だけは高い、超戦士タイプ」になる予定。
ラズはもちろん、高火力キャラだけど・・・・あれだな、「HPも低くて攻撃力も低い、何のためにいるかわからんキャラ」という方向でいくのも、悪くないかもNE☆


>>セリス
任せておけー!!前作をプレイしてくれた方からの感想の中に、「泣けました」というのもあったから、
今回はそれ以上に泣けるシナリオを作ったるわー!!!!
そして今現在、ルナラブ2ではセリスをどういったキャラとして出そうか、考え中b

TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。