自作RPG「ルナティックラブ」の製作日誌
RPGツクールを使って、自作RPGを作ろうと試みている者の、製作日誌です。
ルナラブ2 新着ニュース

プロフィール

ゴリラーマン

Author:ゴリラーマン
ルナラブ2製作日誌ブログへようこそ。
まぁ、ゆっくり鑑賞していってくれたまへ。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP
懐かしいRPGをプレイしてみた
最近体から疲れが取れきれないセイルですこんばんわ。

さて、今日はとあるRPGのことを書いていこうかと思います。
超ネタバレな内容となっているので、ご注意を。(といっても、今更このゲームのネタバレをしたところで、別にどうってことはない気もするが)



皆さんは、ドラゴンナイト4というゲームをご存知でしょうか?

1994年にPC98で発売され、そこからSFC版やらPS版やらと、様々な機種に移植されていった、結構人気の高かったゲームです。

ちなみに言っておくと、これ18禁だったりします。

つまる話、エロゲーなわけです。

といっても、このゲームが評判をよんだのは、そのエロではなく、ストーリーだったわけです。
・・・まぁ、十分エロかったですけども。

このゲーム、1997年にPC-FX版で発売し、それを最後に消えていったわけですが、2007年の6月・・・つまり、丁度約1年前に、WIN版でリメイクされ発売されたわけです。

俺がこのドラゴンナイト4をプレイしたのは、たしか今から10年ほど前。PS版ででした。(プレイステーションなので、もちろんエロは一切無し。キスシーンとかはあったけど。)

それが去年にリメイクされていたことを最近知って、思わずプレイしてしまったわけです。

ちなみに、どんなストーリーなのかというと・・・(かなり省略して書いています。それでも結構長くなったけど)



主人公の名前はヤマト カケル。好奇心が強く、能天気でスケベな10歳(前後だったかな)の少年。幼馴染にナターシャという女の子がいて、よくエッチなちょっかいを出している。
実は二人は両想いなのだが、子供特有の素直になれないがために、こうやってちょっかいを出して気を惹こうとしている。

・・・プレイ中に何度か、俺もこんな時代があったなぁ・・・と感傷に浸ってしまいましたよorz

カケルの父親はヤマト タケルといい、なんかよーわからんが、世界を救った英雄とのこと。
(ドラゴンナイト1~3でのお話らしい。プレイしたことないからよくわかんね)

そんなタケルの元に、一通の手紙が来ました。

「東の方でルシフォンという魔族が出現して好き放題してるから、退治してきて(超省略)」

タケルは決断しました。

「カケル、お前が行ってこい」

好奇心旺盛なカケルは、次の日に早速旅立ちました。

旅立ちの朝、ナターシャから安全祈願のお守り(本人曰く、不幸のお守り)を受け取り、次の街ではタケルの友人であるバーンの息子、セイルを仲間にしました。
(タケルが子供をよこすなら、わしだって息子を使ったるわー!という理由で。)


・・・あ、このセイルという名前、改名とかしてないですよ?
本当にこうだったんです。
それと、自分のセイルという名前は、別にこのゲームからとったわけではないので、あしからず。

ちなみにどういった子かというと、

読書好きの引っ込み思案かつ泣き虫な性格で、本人曰く「知らない人が大嫌い」。息子を冒険の旅へ送り出したタケルへの対抗心を持った父に、街を追い出される形で旅立つことになる。




・・・orz
いや・・・単純に名前が一緒なだけなんですが、なんかこう・・・出来るならもうちょっとかっこいいキャラで、この名前が使われていてほしかったなぁ・・・


カケルとセイル、この二人が更に東へと旅立とうとしたそのとき。突如西の方・・・カケルが旅立ってきた方向の空から、黒い雲が段々と迫ってきていました。

二人が不思議がって西の方角を見ていると、なんと段々と町の人々が石化していってしまっていました。

二人が驚いて呆然としていると、そこにサレットみたいな兜をかぶった騎士が現れ、二人を町の外に引っ張り出します。

騎士の名前はエト

エトはカケルとセイルの二人に、あの黒い雲について話しました。

「あの雲の下にいると、体が石になってしまう。そしてあの雲は、西の方角からどんどん東に進んでいっており、既にここから西にある全ての大陸の人々は、石化してしまっている」

と。

セイルは泣き叫びましたが、カケルは

「お父さんは強いから大丈夫だし、そのルシフォンって奴を倒せば石化は解けるんでしょ?」

と、超ポジティブ思考でした。

そして謎の騎士エトを仲間にし、カケルはルシフォンを倒すべく、西に向かって進み始めるのでした。









・・・よし、疲れたから今日はこのへんで('ω')ノシ
スポンサーサイト

TOP
この記事に対するコメント

あれね~
ラスボスが微妙すぎるー
遠距離から攻撃すれば余裕ですね・w・
途中仲間が死なないよぅに行くのが大変ですね^^

ちなみにドラゴンナイト1~3も
プレイしてたりする…
【2008/07/12 22:44】 URL | カルバニア #- [ 編集]

TOP

この記事に対するコメントの投稿















TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://lunaloverpg.blog21.fc2.com/tb.php/29-b1312fb4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。